上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.20 DCEとDTE
さあ、Part3。これはPart1とほとんど同じなので、かんたんです
よって省略

問題のPart4、これは少しだけやっかいなんです。
Ciscoルーターは通常"DTE"(データ端末装置)として動作しますが、
ルーター同士をシリアル接続する場合、片方を"DCE"(DTEをWAN回線に接続するための装置)
にしなくてはなりません。

よくわからないのは、2台のうちどっちをDCEにするのかってこと。
好きなほうを選んで、コマンドで設定するんだろうな、くらいに思っていたのですが、
ぜんぜん違いました。
バック・ツー・バック・ケーブルには、向きがあるんですね。 ケーブル自体に印刷されていました。

01_Back to Backケーブル    01-02_Back to Backケーブル:DTE側
[Back to Backケーブル:DCE側]        [Back to Backケーブル:DTE側]

では、DCE側をRouterAのSerial0ポートに接続します。 そして"show controllers"コマンドで確認
02_show controllers [show controllers]

うん、DCEで間違いなし。

IPアドレスを設定して、と・・あれれ、エラーです。
03_Bad mask [Bad mask]

え~とこれは、/30のサブネットマスクが拒否されているのかな? どうしよう・・先生!?
え・・"ip sub"でTABキー?
04_ip subnet-zero [ip subnet-zero]
うまくいった。 何で?

インターネットで調べると、こーゆーことでした。
「192.168.2.1/30」を2進数で表すと、
---------------------------------------------------------------
   (本来の)ネットワーク部 ←|→ (本来の)ホスト部
11000000 . 10101000 . 00000010 | 000000 | 01
                       サブネット化  ホスト
---------------------------------------------------------------
となります。
サブネット化した6ビットが全部「0」です。 これが"ゼロ・サブネット"で、昔は利用不可だったそうです。
"ip subnet-zero"は、ゼロ・サブネットを使えるようにするコマンドで、
IOS12.0以降は、最初から設定されているとか。 12.0・・これ10.2だしね・・。

いやいや感慨(悲しみ?)に浸っているヒマはない。
ポートの閉塞解除は"no shutdown"。  ここまでを、RouterAとRouterBの両方で設定します。

さてこのとき、インターフェースの状態を見ると、"line protocol is down"となっています。
黒本によると、「物理層は動作しているが、データリンク層のKeepaliveがない状態」だそうです。
05_show interface_1 [show interface_1]

ではDCE側のRouterAに、クロックレートの設定を入れます。
コマンドは、"clock rate "で、数値の単位がbitになるのがポイントです。
とくに理由はないのですが、64kbitに設定します。

30秒くらいしたら、lineupになったとかいうメッセージがぴょこっと出ました。
コマンドで確認すると、確かに"line protocol is up"になっています。
06_clock rate~show interface_2 [clock rate~show interface_2]
PingもOK、ふふ、いい感じです。 今のあたし、ちょっとエンジニアっぽくないですか?

さあ、次はいよいよend-to-endの疎通確認です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://if2.blog33.fc2.com/tb.php/11-a33c89dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。